活動内容

基本方針

近年の子供たちを取り巻く社会環境や生活環境の急激な変化は、ストレスによる心身の不調、アレルギー疾患、いじめや不登校など子供たちの心身に関わる様々な健康課題を引き起こしており、深刻化・多様化している。その現代的な健康課題の解決のために養護教諭が果たす役割は非常に大きく、また、校内外の関係者からの期待も大きくなっている。
養護教諭が、子供たちの健康課題に適切に対応するためには、養護教諭の資質能力をさらに高めていくことが重要である。
「基本調査」や「養護教諭の執務に関する調査」の調査研究結果を基に、複数配置拡充等の要望を継続し、研修会や研究協議会、研究誌「瑞星」の発行等の研究・研修活動のさらなる充実を図るとともに、子供たちへのよりよい支援のため、全国各研究会との連携を密にし、学校教育を担う教育職員として、養護教諭の専門性をさらに発展させていくことを基本方針とする。