本会の概要

基本方針

 近年、グローバル化が急速に進み社会が大きく変化してきており、それに伴い、児童生徒の健康課題は複雑、多様化してきている。養護教諭は、職務の特質や専門性から、児童生徒の身体や心の変化にいち早く気づき健康問題を早期発見しやすい立場にあり、その課題解決に向けた養護教諭への期待は大きく、役割が拡大している。養護教諭が、児童生徒の健康課題に適切に対応するためには、養護教諭の専門性をさらに高めていくことが大切である。
 そのためには、「基本調査」や「養護教諭の職務に関する調査」の調査研究結果を基に、複数配置拡充等の要望を継続するとともに、研修会や研究協議会、研究誌「瑞星」の発行等の研究・研修活動のさらなる充実を図っていくことが重要である。
 子供たちへのよりよい支援のため、全国各研究会との連携を密にし、学校教育を担う教育職員として、養護教諭の専門性をさらに発展させていくことを基本方針とする。