本会の概要

基本方針

 近年、グローバル化や情報化が急速に発展し、社会が大きく変化し続ける中で、子供たちの健康課題も多様化・複雑化し、さらに深刻化している。また、今般の新型コロナウイルス感染症の影響は、日常の生活はもちろんのこと、学校の教育活動にも多大な影響を及ぼしている。このような中、養護教諭は専門性を発揮し、学校保健の中心的立場として新型コロナウイルス感染症対策も含めた子供たちの健康課題に対応している。子供たちの命と健康を守り育てる養護教諭は、専門性をさらに高め、教職員や家庭、地域の専門家等と連携・協働して、学校保健活動の充実と推進を図っていくことが大切である。
 そのためには、「基本調査」や「養護教諭の職務に関する調査」の調査研究結果を基に、複数配置拡充等の要望を継続するとともに、研修会や研究協議会、研究誌「瑞星」の発行等の研究・研修活動のさらなる充実を図っていくことが重要である。
 子供たちへのよりよい支援のため、全国各研究会との連携を密にし、学校教育を担う教育職員として、養護教諭の専門性をさらに発展させていくことを基本方針とする。

活動の重点

1 研修活動の充実を図る

 研修会、研究協議会、学校保健連絡協議会を通して、養護教諭の職務や子供たちの現代的健康課題の解決に向けた研修を行う。

2 調査研究活動の充実・発展に努める

 健康教育の発展を目指した研究活動の充実を図るとともに、学校保健や養護教諭を取り巻く諸問題について、調査研究を行う。

3 養護教諭の資質能力の向上に向けた施策実現のための取組を継続する

 養護教諭の資質能力の向上を図るための法整備等、様々な施策の実現に向け、日本養護教諭関係団体連絡会での活動も含めた要請要望活動を行う。

4 全国養護教諭連絡協議会組織の盤石化を図る

 全国組織として、会の適正な運営に努めるとともに関係機関との連携強化を図り、信頼性を深める。

5 広報活動の充実を図る

 会報の発行やホームページの充実に努め、学校保健ならびに養護教諭に関する事柄について発信し、周知理解を図る。